バイアグラのジェネリック医薬品のカマグラゴールドについて

カマグラゴールドとバイアグラの関係
そもそもジェネリック医薬品の意味についてですが、商品を最初に開発した先発医薬品であるバイアグラの特許権が消滅した後に他の製造メーカーであるカマグラゴールドが同じ成分(シルデナフィル)で製造している商品をジェネリック医薬品といいます。

・先発医薬品=バイアグラ
・後発医薬品=カマグラゴールド

先発医薬品であるバイアグラは、商品を開発するまでに多大なコストがかかっているので、商品を販売する時に値段が高くなってしまいます。
それに対して、後発医薬品は「商品を開発するコスト」がかからないので、値段を下げて販売することができるわけですね。
このようなことから、バイアグラとカマグラゴールドの関係で、成分が同じで値段を安く購入することができるわけですね。

なぜ、インド製?

どうして、カマグラゴールドはインドで製造・販売されているのでしょうか?
先ほども、記載したのですが特許が切れることによって、ジェネリック医薬品を販売することができます。
しかし、特許が切れるのは、特許を申請してから20年後。
バイアグラの特許は1998年、特許が切れるのは2018年?

どうして、カマグラゴールドは販売しているのか?
それは、インド製だからです。
インドでは、国の法律として薬品の特許が認められていないため、たとえ特許期間中でもジェネリック医薬品を開発・販売することが出来るとのこと。

そのため、バイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラゴールドはインド製になっているわけですね。

世界には、いろいろなルールがあるんですね。